日々雑感&つれづれ日記(予定)

日々の思いついたことなどを適当に...

MAZDA3納車!!

先日、MAZDA3納車されました。購入したのは、FASTBACK 20S PROACTIVE Touring Selectionです。

付けたオプションは、ナビゲーションSD、360度ビューモニター、ETC、2カメラドライブレコーダです。(ETCは1.0と2.0の違いをちゃんと調べてなくて、なんとなく安い方で1.0を選択してしまったことはちょっと後悔・・・)

時代の流れでしょうか、このクラスの車にも安全対策関連の装備が沢山ついてました。

  • 前方車・歩行者・自転車の検知や、後進時に車、障害物の検知、および、後進時に左右から接近する車の検知してブレーキ制御を行うスマートブレーキサポート。

  • ペダルの踏み間違いで急発進を防ぐAT誤発信抑制装置

  • 交差点進入時などで、 前方の左右からの車の接近を検知して、接近状態に応じて危険を通知する機能

  • 後方からの車両接近を検知するブラインドスポットモニタリング

  • 車線逸脱を通知&レーンキープアシスト

  • 交通標識を認識して表示するシステム

  • ドライバーの眠気。わき見を検知するシステム

  • レーダークルーズコントロール(MRCC)や、ステアリングアシスト機能によって車線内をキープして走るクルージング&トラフィックサポート(CTS)機能

  • 夜間走行時、ヘッドライトの照射範囲を自動コントロールするアダプティブ・LED・ヘッドライト

  • その他、事故発生時にオペレーターがサポートしてくれるサービス(3年無料、以降は有料)や、スマホから車の状態を確認できる機能であったり、マツダコネクトはCar PlayやAndroid Auto対応

などなど

前車は、なにもついてなかったので、ものすごいすごい進歩です。あくまで安全対策装置は、各種アシストであって、過信はできないとは理解してますが・・・(あと、これらの安全対策装備はADASと言っていいのかしら?)

いまのところ、レーダークルーズコントロールとクルージング&トラフィックサポートは使用時に操作が必要みたいで、まだ使い方をちゃんと理解してないので利用できてないです。このためこれらの機能をすべてにお世話になったわけではないですが、何もしなくても有効になってる安全装備では、ブラインドスポットモニタリングが、車線変更時のアシストとして便利にでした。

契約前は、アクセラよりも車両価格が高くなった感じがしましたが、今思えば、いろいろ装備が増えている分だけのような気がします。。。

自作PCの構成メモ

デスクトップPCの構成

1年くらい前に更新した自作PCの構成メモです。

次にPCを買うときは、自作は時間がかかるのでもうやめようと思っていました。

ただ、ケースや電源は流用して、CPU/マザーボード/メモリ/SSDなどを入れ替えるだけだと、1台PCを買うよりもちょっと安いです。

結局、時間より安いという理由のほうが勝ちました。 (時間の方が勝つくらいお金が欲しいです!!)

現在の構成

CPU AMD Ryzen5 2400G
Memory 16GBx2 (DDR4-3600 Overclock対応)
SSD Intel 660p 512GB NVMe
SSD Sandisk 1TB
MotherBoard ASRcok B450M Steel Legend
電源 650Wくらい(忘れました)
BDドライブ LG製のやつ
キーボード RealForceのテンキーがないやつ(お店で一番安いやつを購入)
マウス Logicool M545
ディスプレイ EIZOのFullHDの安いやつ
スピーカ OlasonicのUSBバスパワーのやつ

メモといいながらだいぶ忘れている項目がありますが、こんな感じの構成です。

メモリについて

Ryzen5 2400Gは、たしか最低でも2400MHzで、メモリの構成や枚数で2933MHzあたりまでが標準サポートだったはずです。このため、メモリはOverclock対応品を買ったんですが、Overclockするどころかクロックダウンして2133MHzで動作させてます。

これは、その当時、良く調べずにお店に行って、売っている物をなんとなくかったのたのが原因です。

買ったあとから調べると、Overclockメモリはメモリチップ自体が高クロックをサポートしているわけではなく、メモリモジュールメーカが高速動作に耐えることができるメモリチップを選別して保証しているだけということを知りました。

なんとなく無理やり動作させてる感があるのと、そんなに速度が必要なことしないので、マザーボードの自動認識に任せると2133MHzなったのでその設定で使っているためです。

ただ、後で思ったのは、JEDEC準拠のDDR4-2400メモリあたりを買えばよかったなと思いました。次に買うことがあったら事前調べを行うのと注意して買おうと思います。

マウスについて

お安い値段でそれなりに使いやすいです。

これ以外でもマウスはLogicool製を買うことが多いです。 一回くらいはLogicoolのMX Anywhereを買ってみたいですね。

スピーカ

olasonicのUSBパスパワーのやつです。たまご型してます。スピーカーとPCをUSBで接続するだけで使えます。それ以外に電源不要なところが良いですよ。

同じようにPCとUSBで接続するだけで使える製品にCreative Pebbleもあります。こちらの方がお値段がリーズナブルです。こっちもきになりましたが、なんとなくOlasonicにしてみました。

キーボード

なんとなくRealForceを買ってみたかったのです。

キーボードは買い替えることはあんまりなく、長く使えるので、ちょっと良いものを買うのもありな気がしてます。

2台目のNASをようやく使いだす

かなり昔に複数のPCからデータをネットワーク経由で保存や閲覧できると同じデータがみられるといいね。元は同じデータなのに複数のPCで更新してしまってどれが最新かわからなくなることもなくなるだろうと、NAS(単体でネットワークに接続して使えるハードディスクみたいなもの)を買ったことがありました。

その当、時買た機種は、IOデータ製品で2TBx2 RAID1に対応したものでした。ただ実際使ってみるとファンの音が結構するのでうるさいし、家でそんなに複数のPCを使い分けることもないということで、全然使ってませんでした。

それが、あるときふと、1台のパソコンしか使わなくても、RAID1に対応しているNASなら、利用者からは1台のHDDに見えるけど、NAS側で2台のHDDに同じデータをコピーしていてくれているので故障に強くなるという利点が、外付けHDDにコピーしておくよりデータ保存するにはいいんじゃないだろうかと思い出しました。

そこで、長い間使っていなくてホコリをかぶっていた、NASの電源を入れてPCのデータをコピーしようかな?と思ったら・・・

あまりに古かったためか、PCからNASにアクセスするプロトコルがセキュリティの面から、標準でオフにされていて、アクセスできないようになってました。

全く使えなくなっていたというわけではなく、PC側の設定を変えれば使えました。どうせ、たまにしか使わないのだから、設定変更してと・・・やっていたのですが、そもそも標準でOFFにされた理由がセキュリティ面からというところが気になりだして、新しいNASを買うことに。

買ったNASは、QNAP TS-231Pです。これも買ってすぐ使うようになったわけではなく、しばらく寝かせてました。ようやく使うようになったと思ったころには後継機が発売されてました・・・。 新しい機種が発売されるのはコンピュータ業界ではよくあることです。しかたないですね。たぶん。

QNAP TS231Pには、HDDは付属しておらず、使うには、別途HDDを購入する必要があります。HDDにはNAS用の製品が売られており、Western Digital Redシリーズなどがあるようです。

本来なら、新しいHDDを買って使い始めるべきなのかもしれませんが、ひとまず昔買ったIOデータのNASについていたHDDを流用して、使ってみることにしました。

とりあえず問題なく動いているし、QNAPのNAS管理ソフトからHDDの状態をみても問題なさそうでした。

ちょっとデータ保存するのに古いHDDを使ってはいまひとつ信頼性がないようなきがしますが、しばらくこれでいきます。

古いNASが使えなくなったのはSMB1.0の無効化されてたのが理由でした

参考サイト: www.nedia.ne.jp

iPad用純正Smart Coverより安くて背面も保護するケース

過去に、iPad mini用にApple純正Smart Coverを購入したことがあります。純正品はぴったりあってよい感じだったのですが、背面保護がないことが気になって、背面保護もされる社外品を使うようになりました。

社外品ケースはいろいろな会社から発売されていて、どの製品を買おうか迷いがちでした。そんな中から、smart coverに比べるとお安くて背面も保護してくれるESR製のケースを選びました。

値段が安いので大丈夫かな?と不安はありましたが、これまで使ってみて特に大きな不満はでませんでした。ここ最近では、iPadを購入するたびに保護ケースはESR製を買っています。

2018/2017年モデル用

2019年モデル用も出てます。

C#関連の本を購入

C#を使ってみようと思う

昔からパソコンでソフトを作ってみたいと思いながら、一度も実現したことがないので、いまさらながら、ちょっとやってみようかなと思い出しました。

メインで使っているパソコンがWindowsなので、C#を使ってみることにしました。最近ではgoogle検索で検索すると入門や初心者向けの記事がたくさん出てきますが、Webよりまとまった情報が得られる書籍を購入しました。

買った本

1冊目は、C#の言語に関する本で「基礎からしっかり学ぶC#の教科書」。

目次を抜粋すると。

  • 第1章 プログラミンの基礎 ~プログラミングの世界に触れる

  • 第2章 C#の基礎 ~はじめてのプログラムを書く

  • 第3章 変数とデータ型 ~さまざまなデータを扱うには 

  • 第4章 式と演算子 ~計算を表現するには

  • 第5章 制御文 ~プログラムの流れを理解する

  • 第6章 クラスの基礎とメソッド ~ オブジェクト指向への差最初のステップ

  • 第7章 継承とカプセル化 ~クラスの機能を変更するには

  • 第8章 ポリモーフィズム ~クラスを操作するには

  • 第9章 例外処理 ~思いがけないことに対処するには

  • 第10章 配列と構造体 ~データをまとめて扱うには

  • 第11章 高度なプログラミング ~プログラミングの世界を広げる

  • 第12章 クラスライブラリの活用 ~.NETを使いこなす最初のステップ

  • 第13章 GUIアプリケーションの基礎 ~Windowsのプログラミングを学ぶ

になっています。

説明の使用環境は、Windows10, Visual Studio Community 2019になっています。サンプルコードは日経BPのWebサイトからダウンロードできます。

感想

さらっと目を通したレベルかつ、初心者の感想です。

第1章 プログラミングの基礎では、 プログラムとは何なのかの説明から始まり、オブジェクト指向や C#の実行環境となる.NET Framework、ソフトウェア開発プロセス(要求定義、設計、コーディング、テスト)などが、簡単に触れられています。

第2章 C#の基礎 ~はじめてプログラムを書くでは、Visual Studioのインストールから説明されています。入門書によくあるインストール時の画面すべてをキャプチャしているような説明ではなく、要点のみのあっさりしています。

はじめてのプログラムするためのサンプルコードとVisual Studioを使ったプログラム作成手順の説明があり、この章を読めば最低限のVisual Studioがわかるようになってます。

また、サンプルプログラムの構成についての説明があり、C#の基本構成がわかるようになってます。

第3章から第12章は、C#の言語についての仕様説明になってます。

第13章は、Windows GUIプログラムについても書かれており、GUIを表示してボタンを押したら何か処理するようなアプリケーションを作ることがでる内容です。

全体的に、基本から丁寧に書かれている感じで、読みやすい(見やすい)のでC#を学ぶのにお勧めのではないかと感じました。ひとまずこの本をベースにC#勉強していこうと思います。

ただ、これまでプログラムを全くしたことがなくて、オブジェクト指向とか聞いたことがなかったりという人向けに書かれている感じはしないので、そのような方は別に入門書も買った方がいい気がします。

マツダMX-30はマイルドハイブリッドから

マツダMX-30が日本で導入されるそうです。これまで電気自動車(EV)モデルとして紹介されてきたので、てっきりEV専用モデルになるのかと思ってました。

しかし、日本ではEVだけじゃなくe-SKYACTIV G搭載のマイルドハイブリッドがラインアップされ、マイルドハイブリッド搭載モデルが今秋、EVは2020年度中に登場するようです。

car.watch.impress.co.jp

car.watch.impress.co.jp

dショッピングから高島屋がなくなっていた

支払いでは極力dカードを使い、dポイントをためています。ためたポイントの使い道は、ポイント投資ではなく、dショッピングで普段は買わない食べ物を買うことが多いです。

そんな中で利用したことあるのが、高島屋大阪王将伊勢丹成城石井です。dショッピングには他にも食べ物を販売するショップがあるのですが、そちらよりも、なんとなくリアル店舗で知っているところを利用してます。

最近、またdポイントがたまってきたので、なにか購入しようかなと思いdショッピングのサイトをのぞいてみたら、高島屋がサービスを終了してました。送料はかかるし、商品もお安いわけではなかったし、百貨店を利用するのは高齢者のイメージがあるのでスマホ販売とは相性がよくないとかで、利用者が少なかったのでしょうか?しかし、たまに利用していたので、ちょっと残念な感じです。

また、これはdポイント経済圏からの離脱なんでしょうか?たしか高島屋リアル店舗でもdポイントが付与されたと思うんですけど、こちらはどうなるんでしょう?という感じです(高島屋のホームページを見るとdポイント2倍キャンペーンがあるので、そんなことはないでとは思ってます)。