日々雑感&つれづれ日記(予定)

日々の思いついたことなどを適当に...

JT株を売却する

このところ株価が右肩下がりで高配当になっているJT株。優待と配当金に惹かれて購入してました。

 

いくつかのブログやTwitterでは買い増ししている方がおられるみたいです。同じように買い増ししようかとも考えたのですが、タバコを吸わないので今ひとつタバコの未来に悲観的なため損切りすることに。

 

売却するのは、単元未満の20株にします。

 

このあたり、本当は財務状況とかちゃんと読んで売却するか買い増しするか。判断できればいいと思うのですが、残念なことにさっぱり読めません。

 

個別株は、配当金やら株主優待、ブログやTwitterで話題になってるとかなど雰囲気でかったりしてます。

 

今回の売却も、なんとなくタバコの未来に疑問があって、買い増しや、ホールドすることに疑問になったからです。

 

ただ、やっぱりカンだけじゃなく、業績などで投資判断できるように、ちょっとは財務状況読めるようになりたいところです。

1577 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信を売却

1577 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信は、1月、4月、7月、10月と3か月に1回で年4回の分配金が出ます。直近の分配金は2019年4月377円、7月342円、10月48円、2020年1月43円と、6月、3月決算の企業が多いためか4月、10月の分配金が多くなってます。2/14の基準価格から配当利回りを計算すると、約3.6%あります。

そんな、1577 日本高配当70ETFですが、配当金ほしさに、ちょっとだけNISA枠で購入していました。NISA枠で購入していたのですが、5年間が経過して、今年のNISA枠に移管するそれとも特定口座に移管するかの選択でNISA枠ではなくそのまま特定口座への移管を選択しました。

NISA枠では分配金にも税金がかかりませんでしたが、特定口座では分配金に税金がかかります。現在の税率は約20%と、税引き後で考えると配当金利回りはもっと低くなります。

配当金があるとなんとなくうれしくなって投資を継続しようという気になるのですが、直近で現金が必要なわけではないのて、このETFは売却して投資信託に乗り変えることにしました。このため、1577 日本高配当70ETFはすべて(といってもちょっと)売却しました。

乗り換える投資信託は、ETF日本株式クラスなので、TOPIXインデックスにしようかとも考えたのですがやめます。現在、日本株式クラスの投資割合が高いので、この割合をちょっと下げるため、また、NISA枠を使い切るために、売却した分の金額を全世界株式インデックスに投資します。

1677 上場インデックスファンド海外債券ETFをちょっと売却

NISA口座で購入していた1677 上場インデックスファンド海外債券ETF。今年度のNISA枠のへの持ち越しや売却をしなかったため特定口座で保有になってます。


1677 上場インデックスファンド海外債券ETFは毎月分配金型。NISA口座だと分配金は非課税でしたが、特定口座だと分配金に課税されます。


分配金があると、なんとなく投資するモチベーションが上がるので、気にせずにこのまま保有しようかと思ってましたが、売却して手数料的にあまり変わらず分配金を出さず税金の繰り延べ効果を得られる投資信託に乗り換えようかなとも思い出しました。

 

費用はそんなに変わらないか、どちらかというと投資信託の方が低コストだったりするので、ベンチマークはどうなっているのか?気になって調べてみました。


ベンチマーク

- 1677 上場インデックスファンド海外債券ETF

- eMaxis slim先進国債券インデックス

- ニッセイ外国債券インデックス


上記のどれもベンチマークは、FTSE世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)と同じ。


□結論

これなら、100円からと少額でも投資できる投資信託の方が買いやすいのと、管理をシンプルにするために、1677 上場インデックスファンド海外債券は売却して、既に投資しているニッセイ外国債券インデックスファンドを購入する(乗り換える)ことにします。

walthnavi 10万円運用開始されてた

今日確認したら10万円運用開始されてました。

 

間違ってる可能性はありますが、まとめると。

 

- 口座開設後の運用開始には最低投資金が必要。

 

- 開設後なら、10万円未満でも運用される。

 

- スポット購入は3万円から。

 

- 20時までの入金で当日ETF買い付けの対象(米国市場が開いてること)

 

- ポートフォリオに反映されるのは翌日。

 

こんな感じのようです。

 

 

WealthNavi 3万円でも運用開始されてたー

昨日、WealthNaviは3万円では運用開始されず、10万円ないとダメかもと書きましたが間違ってた可能性があります。

 

あの後、7万円追加入金して、今日運用状況確認したら、3万円分は運用開始されており、7万円分はグレーになってました。

 

もしかして、追加7万円は不要だったのかも?

walthnaviの最低投資金額が10万円だった...

つづき

 

一度は全額引き出しで撤退していWealthNavi。再び再開するために3万円投入しました。

 

ブログは同じに日なってますが実際は1日経っています。昨日は20時をこえていたので、今日の20時までの入金扱いになり、夜にはETFが購入されて、ポートフォリオも夜には更新されると(勝手に)思ってました。

 

それなのに、ポートフォリオを見てもグレーのままで、ETFの購入割合が表示されてないことに気がつきました。

 

何かおかしいな?と思い、WealthnaviのQ&Aを斜め読みしていたらWealthNaviの最低投資金が10万円以上じゃないとだめ(ネオモバは1万円、ANAは30万円)というような記述が。

 

もしかして、ポートフォリオがグレーのままなのは3万円じゃ足りなくて10万円必要?

 

このままだと運用されることはなく手数料年間1%が引かれていくだけなのかしら?

 

このまま放置するのもなんなので、追加で7万円をスポット購入して、トータル10万円を入金しました。

 

放置していた分配金の残りと合わせると、投資残高は10万500円くらいになりました。

 

つづく

 

全額引き出しでしていたWealthNaviにちょっとだけ入金してしみた

その当時、WealthNaviを始めるのに必要な最低投資金の30万円投資したけれど、低コストなインデックスファンドに比べて手数料1%が高く感じて全額引き出しして撤退してました。

 

ただ、全額引き出しを行った後にETFの分配金が出たようで口座には数百円だけ残ったままの状態で、解約せずに放置していました。

 

個別株やバランス型投資信託を思いつきで買ったりして、全然アセットアロケーションを守った投資ができていないので、なんとなく、ロボアドが運用したらどうなるのか、やっぱり気なりだしました。

 

再びちょっとだけ入金してみようかなと思い出し、1万円くらいにしょうかと思ってスポット購入しようとしたら、1万円では足りませんでした。

 

WealthNaviではスポットで投資する場合、最低3万円が必要でした。そういえば昔、そのようなルールであることを読んだような気がしますがすっかり忘れてました。

 

ここで一瞬心がけ折れかけて、やっぱりやめようかな?と思ったのですが、最低3万円を入金。

 

Wealthnaviの買い付けは20時までに入金されれば、当日買い付けが行われるようです。今回の入金は20時を超えていたので、購入は翌日になりました。

 

つづく